二次被害を防ぐ手立て|病原菌のトランスポーター|ノロウイルス予防に効果がある手の洗い方

病原菌のトランスポーター|ノロウイルス予防に効果がある手の洗い方

女の人

二次被害を防ぐ手立て

レディー

徹底した予防策を遂行しても、まれにノロウイルスに感染してしまう人が現れてしまいます。感染して症状を引き起こしてしまった人が身内や友人の中から出てしまった場合、気を付けたいのが二次感染です。ノロウイルスは、非常に強い感染力を有しています。感染した場合に引き起こされる症状の中で、おう吐を引き起こした場合はその周りのいた人にもウイルスが侵入してしまう可能性が高まります。感染者が出してしまった吐しゃ物を片付けるときは最新の注意を払いましょう。

ノロウイルス感染者が出してしまった吐しゃ物を処理する場合、必ずやっておきたいことは、「速やかにふき取る」「乾燥させない」「徹底した消毒処理」です。強力な感染力を持つので、周辺の人に感染させないための予防策として、吐しゃ物を乾燥しないうちにすぐふき取っておくのが望ましいです。吐しゃ物が乾燥してしまってもウイルス体はしぶとく生き残ってしまいます。処理に手間がかかってしまい、多くの人がウイルス感染を引き起こしてしまう可能性を高めてしまいます。そのため、乾燥させないうちに吐しゃ物を片付けるのが最適なのです。また、吐しゃ物を処理した後も、酸性アルコール消毒液で徹底した消毒をしておくのも忘れずにしましょう。酸性アルコール消毒液は、強力なウイルス体であるノロウイルスでも、表面の膜を溶かして内部の細胞まで浸透して死滅させる力を持つので、予防にはうってつけです。二次感染を防ぐ予防策としては、乾燥しない前にスピード処理をするのと、徹底した消毒処理をするのが得策です。